スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天獄篇覚え書きメモ/その2

時獄篇に引き続き、私得な殴り書きメモ。
竜馬・隼人・弁慶のエースボーナスお祝い会話も入れてあります。
写メ取ってる所と取っていない所の差が顕著。
大体うろ覚えだよ!!! でも愛はあるよ!!!












前回の続きなので、未だに銀河中心部を彷徨う一行。
真ドラゴンの力でワープホールを開くも、0.9光年しか進んでいない。
どうも宇宙の広さが分かっていないワッ太に解説を始める神隼人。
神隼人。
お前……子供と絡むのか……。(根本的な驚愕)

隼人「ワッ太…。地球から冥王星までの距離が何光年あるかわかるか?」
ワッ太「5光年くらい?」
隼人「約40天文単位…。0.001光年にも満たない距離だ」
ワッ太「ええっ!?」
赤木「じゃあ、さっきのジャンプでも太陽系を遥かに飛び越えてたって事か!」


以上、神隼人氏の天文学講座でした。
隼人のこういう頭良い感じの描写、本当好き。

で、ミケーネ神やらなんやらが出てきた所にゼウス神もやってきて、共闘。
そしてゼウス神の力で地球へ帰ろうとするも、謎の声に邪魔されてより銀河の中心部へ。
こうなればサイデリアルを見つけて、その技術で地球へ帰ろうとする。
サイデリアルとの戦いの中、ゲッター線の導きにより竜馬達は博士・ミチルさん・武蔵と出会う。
この辺りの流れ写メり忘れてたのが悔やまれるのですが、すげー良い話だった(気がする)。
博士や武蔵が「渓には女の子らしく育って欲しかった」みたいな事言ってて笑った。
弁慶も「手は尽くした」とか酷ぇ事言ってるし。(笑)
その頃ミチルさんと会話していた隼人が「俺ばかり歳を取ってしまったな」って言ってるのがなんか萌えました。
それ……竜馬にも言ってな……。
当てはまるだろ……。

その後、完全に銀河中心部へやってきてしまった面々はバアルと戦う事になる。
最後に出てきた敵に対し、無意識に恐怖を感じる一行。
その敵こそが『根源的災厄』なのではないか。
しかし戦うしかないので戦う。(実際はターン経過で話進むけど)
んで、このステージ全員分の戦闘前会話があるみたいなんですね。
なのでゲッターチーム分を載せておきます。

竜馬「くそ…! くそ…! 振り払っても振り払っても、心の底から恐怖が湧いてきやがる! 俺が倒さなきゃならないのは、お前等だけじゃない! 自分の中の弱さだ!」

隼人(危なかったな…。もし、ミチルさんに再会できていなかったら、罪の意識で俺は潰されていただろう…。 いったい何だ、こいつら…? 俺達の心を壊すつもりなのか…)

弁慶(確かに俺達は…俺は武蔵先輩を救えなかった…! その後悔に押し潰されそうな時もあった…! だが、今は…それよりもやるべき事を見つけた今なら俺は戦える!)


竜馬だけ口に出してしまっている辺り、若さを感じますね。
あと、もしも本編と同じであったら、竜馬を刑務所送りにした事も罪の意識に入ったのだろうか……。
絶対こういう事を思う為のシーンではないという意識はあります。(爆)

その後、再び謎の声に導かれ、一行は木星付近まで帰還。
同時に分かれていたマクロスクォーターらとも合流。
そこでELSに出会いつつ火星でサイデリアルとの戦いに。
再世戦争の際に封印されていたアサキムが復活していたり、アドヴェントが生きていたり、次々と衝撃が一行を襲う。
そして、デ・ダナンとも合流を果たし、Z-BLUEは無事全員合流を果たすのであった。


ストーリーはここまで。
以下、エースボーナス祝福会話になります。


◆竜馬編
AG「ハッピー・エースパイロット! おめでとうございます、竜馬様!」
竜馬「まだまだだな。俺の血の高ぶりを止めるためには100や200の数じゃ足りないぜ」
AG「さすがは竜馬様…。ですが、戦士には休息も必要です。戦いからは慣れた時にはリラックスされる事をお勧めします」
竜馬「じゃあ、気持ちをほぐすためにも訓練に付き合えよ、AG。お前でストレスを解消させてもらうぜ」
AG「そ、その笑顔で言われると冗談に聞こえないんですよね…」


竜馬ってストレスとか溜まるんだ……。(真顔)
序盤の内容は前回とちょっと似てますよね。 前回は1000機を目標にしてましたが。
私のプレイデータでは100を突破した所です。 先は長い。
あと戦いから離れた時は“リラックス”してるんじゃないかな!!
疲れがとれるかは知らんがね! HAHAHA☆

◆隼人編
AG「ハッピー・エースパイロット! おめでとうございます、隼人様!」
隼人「フ…祝福の言葉がもっとも似合わない奴に祝われるとはな」
AG「まあ、そう言わずにここは素直に喜んで下さいませ」
隼人「俺が敵を1機撃墜すれば、その1機分、平和に近づく…。そう考えれば、喜ばしい事だな。だが、まだ戦いは終わっちゃいない。平和を取り戻す、その日まで俺は敵を討つ」
AG(何だかんだ言って、隼人様と竜馬様って本質的には同じなんですよね…。さすがはゲッター線に選ばれし戦士の一人…。あなたも知らず知らずの内に果てなき戦いに取り込まれているのをお忘れなく)


竜馬と隼人は本質的には同じ……っ!!!
うおっしゃあーー!!! 萌える響き頂きましたぁぁぁ!!
そうだよね……そうなんだよね……結局一緒なんだよね……。
あと果てなき戦いに取り込まれているのは隼人的には良い事。
唯一置いてかれない隼人だからな、真ゲ隼人は……。
それがどれだけ素晴らしいことか。

◆弁慶編
AG「ハッピー・エースパイロット! おめでとうございます、弁慶様!」
弁慶「ありがとよ、AG」
AG「竜馬様や隼人様と話した後だと弁慶様の存在は一服の清涼剤ですな」
弁慶「お前が渓に手出ししなけれりゃ、俺は優しいおっさんだぜ」
AG「大丈夫ですよ。あんな男勝りの渓様に…」
弁慶「貴様に渓の何がわかる!」
AG「ひぃっ!!」
弁慶「いいか、AG! 渓は一見すると男のような所もあるが、優しく、心配りができる女だ! さらに言うならば、髪を整え、ちょっと化粧をすれば…」
AG(ああ…なごやかなムードで終わるはずだったのに自ら地雷を踏んでしまうとは…)


弁慶の地雷を踏む事に定評のあるAG。(笑)
竜馬と隼人は清らかでもなけりゃ涼やかでもないのか……知ってた。
だって前回から引き続き、ちゃんとお礼言ってくれるの弁慶だけなんだもん……。
本当良い人。 常識人。 渓ちゃんが絡まなければ。
ところで渓ちゃんってあれでノーメークなの!? 髪も整えてないの!?
羨ましい……。 そりゃミチルさんの妹だわな……。


今回はこの辺りでー。
実際のプレイ状況はようやく半分を越えた所です。
そろそろ真ゲと真ドラゴンの合体攻撃が追加される筈……。
私、頑張る。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。